葉酸の過剰摂取には注意!!赤ちゃんに副作用がでる場合もある?

妊娠中に葉酸をサプリ等で摂取する女性は多いですよね。

 

葉酸を摂取することに気を取られて、過剰摂取の危険性についてはあまり知られていないと思います。葉酸を過剰摂取すると身体にどのような悪影響を与えるか紹介していきます。

 

過剰摂取で現れる母体への症状は?

葉酸の一日の摂取上限は1000μgとされています。普通の食生活から摂取する分には、過剰摂取になることはありません。注意すべきはサプリの使用方法です。

 

葉酸サプリでは一粒で400μgの葉酸が摂取できるものも多いので、使用量を間違えると、一日の摂取上限を超えてしまうこともあります。葉酸を過剰摂取したときに母体に現れる症状としては発熱、かゆみ、蕁麻疹、呼吸障害などと言われています。

 

また、葉酸の造血作用によって貧血が治りますから、もし他の病気で貧血の症状が出ていたとしても葉酸を過剰摂取していることで、診断を遅らせてしまうということもあり得ます。

 

特に、ビタミンB12欠乏症によって起こった貧血を葉酸の過剰摂取が治してしまうので、診断が遅れてビタミンB12欠乏症の神経症状を悪化させてしまうことが多いようです。

 

お腹の中の赤ちゃんにも副作用が出てしまうの?

葉酸は過剰摂取しても、母体には大きな副作用が出ないことも多いのですが、おなかの中の赤ちゃんにはどんな悪影響を与えるのでしょうか?

 

妊娠中に葉酸を過剰摂取してしまうと、お腹の中の赤ちゃんがぜんそくを持って生まれてくるリスクが上がると言われています。

 

ただ、ぜんそくの原因は様々なので、葉酸の過剰摂取だけが原因ではなく、食べ物やサプリに含まれる添加物にも原因があります。葉酸は妊娠1ヶ月前〜妊娠初期に最も必要だと言われています。

 

だから妊娠初期にはサプリで効率的に葉酸を摂取することが勧められているのです。逆に言えば、妊娠三か月目を過ぎると、サプリで摂取する必要がなくなります。

 

食事をしっかり取れるようなら、ぜんそくのリスクを少しでも避けるためにも葉酸サプリの使用量を守るだけでなく、使うべき時期をしっかりと把握して適切な使い方をしましょうね。