高齢妊娠を希望するなら覚悟しておきたい妊活中の3つのリスク!!

晩婚化が進み、女性の出産平均年齢も年々高齢化しています。30歳過ぎてからの出産は当たり前、30代後半から40代での高齢出産も珍しく無くなりました。

 

でも出産する年齢が上がれば上がるほど妊娠・出産のリスクは上がります。高齢妊娠を希望する人に覚えておいてほしい3つのトラブルについて紹介したいと思います。

 

高齢妊娠は流産の可能性が高い

全妊娠のうち4人に1人は流産していると言われているくらいですから高齢ではなくても流産は珍しくありません。でも高齢妊娠の場合流産リスクが若い人に比べると高くなると言われています。

 

35歳の人では約20%、40歳では約40%、42歳以上では約50%の割合で流産してしまうそうです。

 

なぜ、年を取ればとるほど流産のリスクが上がってしまうかというと年齢が上がるほどに卵子が老化してしまうからです。妊娠初期の流産は母体に責任はないと言われています。

 

ほとんどが染色体異常で成長できないことが原因になっています。つまり、受精した時点で流産という運命が決まってしまっているということになります。

 

卵子は老化をすると細胞分裂の異常が起こりやすくなるので、卵子が染色体異常を持って受精してしまったり、受精できても細胞分裂がうまくいかないという可能性が高くなるので染色体異常による流産リスクも上がってしまうのです。

 

無事に高齢妊娠することができても流産のリスクがあるということは覚えておいてください。

 

ダウン症の発症リスクが上がる

高齢妊娠で心配する人が多いのがダウン症の発症リスクの高さだと思います。

 

ダウン症は高齢妊娠でなくても生まれてくる確率はありますがダウン症全体を見てみると、高齢妊娠で生まれてくる確率の方が20代や30代前半に比べると随分高くなります。

 

20歳では1667分の1の確率でダウン症が発症するのに対し、35歳では378分の1と四倍になり、40歳では106分の1になります。40歳を過ぎるとリスクはどんどん上がっていきます。

 

高齢妊娠でなぜダウン症の発症リスクが高くなってしまうかというと流産のリスクが上がってしまう原因と同じく染色体異常が起こりやすくなるからです。ダウン症の原因は染色体異常なので年齢が上がれば上がるほど発症リスクが高くなるのは当然のことですよね。

 

【参考記事】ダウン症予防|葉酸で高齢出産のダウン症確率を軽減!!

 

胎児の先天異常の確率が上がる

高齢妊娠の場合、先天異常の発症率が上がります。25歳〜29歳で1.88%、35〜39歳では2.02%、40歳以上では2.38%で先天異常の子が生まれてくるというデータもあります。

 

流産やダウン症の発症リスクに比べると20代とそこまで大きな差はないように見えますよね。

 

先天異常にも脊椎や脳に障害がでるもの、臓器に障害が出るものなど色々あります。中でも加齢による影響が強いのがやはり染色体異常です。

 

染色体異常だけの発症リスクを年齢別に比べてみると25歳で476分の1、35歳で192分の1、40歳で66分の1という確率になります。先天異常の中でも染色体異常の高齢妊娠による発症リスクが特に高いことが分かりますよね。

 

高齢妊娠を希望している人は、年をとればとるほどリスクが高くなるということを知っておきましょう。