高齢出産になるとダウン症の確率が上がる!!あなたは大丈夫?

高齢出産になるとダウン症の確率が高くなると言われているけど、私は大丈夫?と心配していませんか?高齢出産は35歳からと言われています。

 

35歳を過ぎると妊娠率が低くなるのにダウン症のリスクは高くなるんです・・・。どのくらいダウン症の確率が上がるのか、年齢別に見ていきましょう。

 

年齢別に確率をチェック

年齢別のダウン症の確率は次のとおりです。

 

30歳:1/952
35歳:1/400
40歳:1/106
45歳:1/30

 

比較してみると、35歳から40歳にかけて4倍も確率が高くなります。45歳に至っては1/30となり、ダウン症の確率はかなり高いですね。ダウン症は卵子の老化や女性ホルモンの衰え、両親の染色体異常による遺伝など様々な理由によって起こります。

 

年齢が上がるにつれて確率は高くなりますが、20代でも30代でもダウン症が起こる確率はあり、高齢だから必ずダウン症になるというわけではありません。

 

しかし、確率的に高くなってしまうので、高齢出産によって気になる場合、ダウン症検査を行う人が多いようです。

 

ダウン症はいつわかる?高齢出産で赤ちゃんのことが心配な方へ

 

ダウン症が発覚したら…あなたはどうしますか?

検査の結果、ダウン症だと発覚した夫婦が中絶を希望した割合は約7割。

 

せっかく授かった赤ちゃんを中絶してしまう夫婦は非常に多いんです…。あなたならどうしますか?ダウン症の子を授かっても産みますか?それとも…。

 

高齢になると妊娠率も低くなるのに、そんな経験をするなんて嫌ですよね?元気な赤ちゃんを授かりたいなら、ダウン症の確率を少しでも下げてることです。

 

葉酸の細胞分裂の働きを良くする効果は、ダウン症の原因である精子・卵子の染色体異常のリスクを軽減することにもつながります。高齢出産でダウン症の心配をしているなら葉酸を摂取するに越したことはありません。

 

積極的に葉酸を摂取して、ダウン症を予防していきましょう。

 

ダウン症予防|葉酸で高齢出産のダウン症確率を軽減