妊娠中のお酒やタバコは厳禁!!妊娠がわかったらすぐに止めよう!

妊娠中のお酒やタバコはやめましょうというのは、それぞれの商品に記載されていたり育児雑誌、病院などでも言われていることなので常識として理解している人が多いと思いますが、そもそもどうしてダメなのか知っていますか?

 

普段から喫煙・飲酒をしていた方はお母さんと赤ちゃんの健康を守るためにも、一度しっかり理解しておきましょう。

 

妊娠中のお酒・タバコがいけない理由

お酒やタバコが健康によくないというのは知っていますよね?その害は赤ちゃんにまで影響してしまいます。赤ちゃんはへその緒で母体とつながっていて、栄養を摂取しています。

 

そのため、お母さんが摂取したものはすべて、赤ちゃんの栄養となるんです。体にいいものだけを栄養として摂取するのであれば、健やかに育ちますが、お酒やタバコのような害を摂取してしまうと、へその緒を通じて赤ちゃんにそのまま届いてしまいます。

 

とくにタバコは、血流を悪くしたり、赤ちゃんへの害も大きいため絶対にNG!
お腹の赤ちゃんがタバコによって苦しんでいる写真や動画なども紹介されているくらいです。

 

自分の大切な赤ちゃんが、そんな状態だなんて嫌ですよね。また、お酒やタバコが原因で障害がでる可能性も高くなるんです。健康な赤ちゃんを生むためにも、お酒とタバコは百害あって一利なしですよ。

 

赤ちゃんのためにも、妊娠が分かったらすぐにやめましょう

赤ちゃんを守るためにも、お母さんの健康維持のためにも、妊娠が分かったらお酒とタバコはすぐにやめましょう。どちらも依存性が高いため、人によってはやめられなくて辛い思いをするかもしれません。

 

でも、おなかの赤ちゃんが苦しんでいると思ったらどうでしょうか。

 

自分がお酒、タバコがやめられなかったせいで、障害を持って生まれたら、どうでしょうか。
自分と赤ちゃんのためにも、妊娠が分かったらやめる努力をしましょう。