男も葉酸サプリを摂取しよう!染色体異常のリスク軽減!!

葉酸サプリは妊娠したら女性が飲むものだと思っていませんか?

 

もちろん、妊娠中の赤ちゃんの成長のために葉酸はとっても必要な栄養素ですが、女性だけでなく、男性も一緒に摂取することで、染色体異常のリスクを軽減することができるんです。

 

最近は、男性のための葉酸サプリも販売されていたり、パートナーと一緒に摂取するためにセット販売されている商品も多いんですよ。

 

パートナーと一緒に葉酸摂取がオススメ!

どうして妊娠しない男性が葉酸を摂取する必要があるのかというと、ダウン症のリスクを軽減することができるから。ダウン症は両親の染色体異常によって起こる場合もあり、女性だけが原因ではありません。

 

そのため、妊娠前からパートナーと一緒に葉酸を摂取して、ダウン症の発症リスクを軽減している人も多いんです。とくに高齢出産になると、ダウン症の確率が上がるので、できるだけリスクを軽減したいですよね。

 

ダウン症は妊娠してから防ぐことは不可能で、妊娠前から予防しておく必要があります。パートナーと一緒に予防することで、さらに確率を低くすることができるので、葉酸を摂取することはオススメです。

 

染色体異常のリスクを軽減するためにはパートナーとの協力が大切!

ダウン症は様々な原因があり、両親の染色体異常だけが原因ではありませんが、リスクを軽減することはできます。ダウン症以外でも、赤ちゃんの健康問題や不妊などは、女性だけが原因と思われがちですがパートナーと二人で協力することが大切です。

 

葉酸摂取も女性だけが飲むというイメージがありますが、染色体異常のリスクを軽減するためにも、ぜひ二人で飲むようにしましょう。妊娠前から二人で摂取することで、健康な赤ちゃんをお迎えしやすくなりますよ。

 

ダウン症予防|葉酸で高齢出産のダウン症確率を軽減