ダウン症の特徴は?授かる前に知りたいダウン症の症状!!

高齢妊娠を希望するときにダウン症のリスクについて心配する人は多いと思います。ダウン症の発症リスクは高齢になればなるほど上がると言われていますから気にする人はたくさんいるでしょう。

 

ダウン症の原因は染色体異常です。染色体異常は、卵子や精子ができるときや、受精卵が細胞分裂をするときにうまくいかないことで起こります。

 

高齢妊娠でダウン症の発症リスクが上がってしまうのは、高齢になればなるほど卵子が老化していくために染色体異常を起こしやすくなるからです。

 

そもそも、ダウン症というのはどんな症状なのか、なんとなくしか分かっていない方もいらっしゃるかと思います。こちらではそんなダウン症の特徴を紹介します。

 

外見的特徴がある

ダウン症の子は世界各国みんな同じような顔つきをしています。生まれた時から、ダウン症の特徴をもった顔をしていることも多いので外見的特徴からダウン症だとすぐに判明することも多いようです。

 

ダウン症の外見的特徴は

 

・顔が平べったい
・目が釣り目で、目と目の間隔が広い
・鼻が低い
・舌が口からはみ出している
・首が太い
・横長の輪郭
・耳の位置が低くて小さい
・指が短い

 

というものが一般的。もちろん、ダウン症でも外見的特徴が全て当てはまらない場合もあります。新生児の時にはダウン症の外見的特徴があまり当てはまらなかったけれど、成長していくにつれて顕著になっていったということもよくあるみたいですね。

 

その他のダウン症の症状は?

・知的障害
ダウン症全体の約8割が知的障害を伴うと言われています。
IQ30〜59くらいの人が多いようです。

 

・難聴
全ダウン症の約6割が耳に障害を持ち、難聴になるのだそうです。
そのため、言葉の発達も遅れがちになります。

 

・心臓疾患
約4割のダウン症の人が心臓疾患を持って生まれてきます。
軽い心疾患である場合が多いですが、将来的に手術が必要になるケースもあります。

 

・くびが不安定
ダウン症全体の約1.5割が頭を支える骨が不安定だということが分かっています。

 

・消化管の奇形
割合は少ないですが、3〜8%くらいのダウン症の人が消化管の奇形を併発しているそうです。

 

・体の筋肉が柔らかい
身体の筋肉が柔らかいために新生児のころはあまり活発に動きません。
歩けるまでに時間がかかる人も多いと言われています。

 

ダウン症の場合、新生児期の哺乳力も弱いのでなかなか体重が増えません。そのために運動機能の発達も遅れがちになってしまうようですね。

 

性格的特徴もあるの?

ダウン症の性格的特徴としては

 

・陽気
・穏やか
・思いやりがある
・人懐っこい
・気分の浮き沈みが激しい
・頑固

 

などが多いようです。
性格には個人差もあるので参考程度にしてくださいね。

 

これまで述べてきたダウン症の特徴や症状は一般的に多いというだけですべてのダウン症に当てはまることではありません。ダウン症の子を授かった時のために、ダウン症とはどういう病気なのか知識をあらかじめつけておく必要はあると思います。

 

でも、子どもが生まれたらダウン症でもダウン症じゃなくてもダウン症の特徴や症状があてはまっていてもいなくても世界にたった一人の我が子であることには変わりありません。

 

ダウン症の特徴や症状を知ることで、ダウン症の子を授かるのが怖いという気持ちになるかもしれませんが、ネガティブにとらえ過ぎずに、知識があるから安心、最善を尽くしてあげられるとポジティブに思えると良いですね。

 

これから妊活するなら今すぐダウン症の予防法をチェック!!