20代でダウン症の子が産まれる確率は?

ダウン症の子が生まれる確率が年々上がってきているというのを知っていますか?

 

ダウン症の原因は染色体異常と言われていて、高齢出産になるとリスクが上がるというのは有名ですよね。だから35歳以上の高齢出産を考えている方はダウン症のリスクを気にします。

 

でも35歳以上じゃなく、20代の出産でもダウン症の子が産まれることももちろんあります。20代でダウン症の子が産まれる確率はどれくらいになるのか、詳しく紹介したいと思います。

 

20代でダウン症の子が産まれる確率は?

ダウン症の子が産まれる確率は、20代〜40代全体で1000分の1と言われています。そのうち20代でダウン症の子が生まれる確率は1667分の1。全体よりは少ない確率になっています。

 

妊娠の年齢があがれば上がるほどダウン症の子が産まれる確率が上がるため、20代では平均より少ないという結果になります。20代以降のダウン症の確率を見ていくと

 

30歳:1/952
35歳:1/400
40歳:1/106
45歳:1/30

 

このように数字だけ見ると、20代でダウン症の子が産まれる確率は少ないような気がします。でも1667人に一人は生まれてきているということも事実です。だから若いから100%安心、とは言い切れないんです。

 

ダウン症の原因は?

ダウン症の原因は、偶然の染色体異常と言われています。染色体異常は偶然起こることなのでいつ、誰に起こるかは誰にもわかりません。

 

ただ、年齢が上がると、染色体異常が起こるリスクが高くなるので、できるだけ若いうちに妊娠・出産した方がダウン症のリスクが下げられるのは確かです。

 

最近は妊娠・出産の平均年齢が上がってきたこともあって、ダウン症の子が産まれる確率が増えてきているのです。

 

ダウン症の原因となる染色体異常は、卵子・精子の時に起こる分裂異常または受精卵の成長初期の分裂異常の2種類があります。

 

卵子は年齢と共に老化して機能が低下するので、年を取ればとるほど分裂異常が起こりやすくなります。精子や受精卵についても同じように年齢と共に分裂異常は起こりやすくなります。

 

ただ、しっかりと理解しておきたいのが、歳を取ると分裂異常が起こりやすくなるというだけで、若ければ分裂異常が起こらないわけではないということです。

 

20代でも卵子や精子、受精卵に分裂異常が起こることはあり得ますから、20代だからと言って、安心しきっていてはいけません。できるだけ、ダウン症のリスクを下げられるように予防することが大切です。